スポンサーリンク

最近流行しているダンスについて

ダンスについて

流行のダンスが広まるルートについて考える

最近流行しているダンスについて

いまや新たな情報を仕入れる手段としてインスタグラムなどSNSは欠かせないものとなりました。

ダンスの振りにも流行があって、そんなダンスを取り入れた投稿が、いいねの数を伸ばしています。

また、日本はもちろん世界中のアーティスト達ですら、ネットで知った振りなどを取り入れたりしています。

DA PUMPの人気が復活するきっかけとなった〝U.S.A〟が大流行しましたが、曲の中で彼らが踊っていたのがいわゆる“シュートダンス”。実はインスタグラムで広まったダンスなんですよ。

シュートダンス

シュートダンスが印象的な〝U.S.A〟自体、そもそもカバー曲ということもあるので、若い人には新鮮で、オリジナル曲を知っている世代には懐かしく、ダブルの効果で大流行したのではないでしょうか。

〝U.S.A〟の振り付けに取り入れられた“シュートダンス”は元々2017年7月に公開された、HipHopアーティスト BlocBoy JBの「Shoot」のMVで踊られたのが始まりとされています。

そのMVがインスタグラムを介して瞬く間に世界中に広がり、多くの人を夢中にしました

現在でもシュートダンスは世界的に流行していて、例えばインスタグラムでは
#shootdance
といったハッシュタグで探すと大量の動画が投稿が出てきます。

興味があれば探してみてください。

SNSのパワー

今や皆が利用してるインスタグラムやTikTokなどSNS。何気なく発信したことが何かの拍子に注目され、大勢の人に拡散され、その結果芸能事務所や音楽レーベルの人に見いだされ、突如有名になったりすることもあります。

ジャスティンビーバーも最初はYouTubeから有名になったんですもんね。

海外の有名なダンススクールではYouTubeやインスタグラムに動画を載せて生徒のモチベーションを高め、有望な芽を伸ばしたりしています。

アーティストのSNSの使い方

近年では有名なアーティストが、自分自身のダンスの練習風景やダンスだけの動画を上げていたりしてファンを喜ばせています。

例えば韓国のアイドルなども、踊っているところの動画をYouTubeなどにアップしたり、流行りのダンスを踊ったりした動画をインスタグラムにアップしたりしています。

こういったアーティストのファンは、そのアーティストのすることは全部追体験したいと思い、熱心に研究したりするものです。

アーティストのプライベートの素顔が垣間見られたりもするのでそのアーティストとファンの距離も縮まって、ファンにとってもうれしいですよね。

こういうところからも、話題になるダンスや振りが出てくるかもしれません。

流行りは誰でも作れるのかもしれない

SNSの発達により、流行は誰にでも作れる時代になりました。何かを見つけていいと思った人が多ければ多いほどその影響力は増し、一線で活躍するアーティスト達にも瞬時に届くようになりました。

ハッシュタグなどジャンル別でダンスを検索しても面白いかもしれないし、好きなアーティストのSNSを検索してみるのもいいかもしれません。あなたもオリジナルの振りを作って、発信してみてはどうですか?